シェアする

グリーンカーテンとは?

グリーンカーテンとは

アサガオやヘチマ、ゴーヤーなどのつる性植物をネットに絡ませて、カーテンのように仕立てたもののこと。グリーンカーテンは緑のカーテンとも呼ばれています。植物が間近にあることで、家の中にいながら森の中のような気分を味わえ、また外観も涼しげです。実際に周囲の気温や室温を下げる効果があり、暑い夏を乗り切るための欠かせないガーデニングアイテムとなり注目をあびています。

実際にグリーンカーテンにはどんな効果がある?

  • ヒートアイランド対策
    都市部の気温が周辺の郊外部よりも異常に温度が高い現象。主な原因としては緑地減少とコンクリートの増加があげられます。狭いスペースでも縦に広げることができるので、建物が密集する街区空間やコンクリートの壁を有効に使うことができます。
  • 省エネ・節電効果
    グリーンカーテンは日光を遮る遮蔽(しゃへい)作用と、葉の裏から水蒸気を放出する蒸散作用があります。 この両方の効果で裏側(室内)の温度を下げることができます。それにより、エアコンの使用量を減らすことができます。
  • 景観の向上・快適な室内
    見た目にも体感的にも植物が身近にあることはいいことです。
  • 植物の栽培
    ツル性植物といってもアサガオやクレマチスなどの花だけの植物だけでなく、ゴーヤ、キュウリ、ヘチマなどの栽培も可能です。手入れも簡単だし収穫まで楽しめるので家庭菜園、また教育教材としてもおすすめです。

グリーンカーテンに適した植物

あさがお
朝顔(アサガオ)
ヒルガオ科サツマイモ属の一年生植物(一年以内に成長して開花・結実し、種子を残して枯死する植物のこと)。種まき期は5月中旬~下旬の十分温かくなった頃に。開花は品種によっても異なりますがだいたい7月~9月の間。開花時期の長さで品種を選ぶなら西洋朝顔(ヘブンリーブルー)がおすすめ。8月~11月中旬くらいまで花が咲きます。また花もちがよく真夏でも昼ごろまで咲き、秋頃には夕方~翌日まで咲きます。

クレマチス
クレマチス
ギリシア語のクレマ(つる)に由来する名前をもつクレマチスは「蔓性植物の女王」とも呼ばれています。クレマチスには様々な系統があり、一年を通して花を楽しめるのが特徴です。系統・種類によって色・形も様々で一年を通して緑の葉をつけている常緑タイプや、冬には葉を落とす落葉タイプ、年に何度か花を咲かせるものもあります。アサガオと違って多年草なので何年も生育ししだいに大きく育って行きます。毎年植え替えることもなく、年数をかけて成長を楽しめるのでおすすめです。

よるがお
ヨルガオ
花ことばが「夜」の意味を持つヨルガオは熱帯アメリカ原産の蔓性植物。本来原産地においては多年草ですが寒さに弱い為日本での園芸用としては一年草として扱われています。朝に咲くアサガオに対してヨルガオは夜に咲きます。夏は夜8時頃から、晩夏以降は夕方4時くらいから開花し、翌朝にはしぼみます。白い花を咲かせ、甘くて良い香りを放ちます。一日中花を楽しむならアサガオとヨルガオの両方植えるのがおすすめです。

ゴーヤ
ゴーヤ
ゴーヤはウリ科の一年草、グリーンカーテンで一番人気があります。虫もつきにくく、日照と気温と十分な水さえあれば、肥料や農薬はほとんど使わなくても比較的簡単に育てることができます。葉がたくさん茂り、また柔らかいので風に揺れる様が風情があり、窓辺を涼しく演出してくれるのでおすすめです。種まきは4月下旬くらいから、苗を植え付けるなら5月下旬くらいから。種まきから約2カ月後には収穫できるようになります。

へちま
糸瓜(ヘチマ)
熱帯アジア原産のウリ科の一年草。葉は20cmくらいに大きくなり、たくさん茂るので日差しを遮るのに最適。果実は食用(花も果実も食べられます)、タワシ、へちま水へと利用法があり収穫後まで楽しめるのが特徴。種まきは4月中旬の温かくなってから、苗を植え付けるなら5月中旬くらいから。収穫時期は食用なら開花から10日後くらいの繊維がまだ柔らかいうちに。タワシにするなら9月下旬から11月上旬にヘチマ全体が黄ばみ、つる先が黒くなった頃が収穫時。ちなみに沖縄ではへちまを「ナーベーラー」と呼ぶそうですが、これはへちまの繊維を鍋洗い(なべあらい)に使っていたことに由来してるからだそうです。

きゅうり
胡瓜(キュウリ)
インド原産のウリ科の一年草。「胡」という字はシルクロードを通ってきたという意味があるそう。ツル状に伸びていくキュウリは優しく日差しを遮るだけじゃなく、初心者でも簡単に育てることができ1本の苗からでもたくさんの収穫が得られるのでおすすめです。葉の量はヘチマほど多くなく、ゴーヤほど少なくない、中間くらい。種まきは4月中旬くらいから、苗を植え付ける場合は6月上旬くらいまでには終わらせます。収穫は7月上旬から9月くらいまで。開花し始めたら、花を適当に摘み取って間引きするのが、美味しいキュウリを育てるポイントだとか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク