シェアする

旅のことば集-旅のことわざ 旅人の名言 旅の句など-

旅先で出会った変な人や、有名な旅人先輩の言葉などざっくりまとめてみましたよ〜

乱頭さん

旅のことわざ

たびのはじはかきすて【旅の恥は掻き捨て】
旅先では知っている人もいないから、どんなに恥ずかしいことをしてもその場限りのものである。

たびはなさけひとはこころ【旅は情け人は心】
旅では人の情けが何よりもありがたく感じられるし、また、人は心の持ち方が最も大切である。

たびはみちづれよはなさけ【旅は道連れ世は情け】
旅では道連れのあることが心強く、同じように世を渡るには互いに情けをかけることが大切である。

たびはういものつらいもの【旅は憂いもの辛いもの】
旅先では知人もなく、とかく心配やつらいことが多いものである。

かわいいこにはたびをさせよ【かわいい子には旅をさせよ】
子供がかわいいのならば、甘やかさないで世間に出して苦労をさせたほうがよいということ。

旅人の名言

世界は一頁の本である。旅をしないものはその本の一頁目しか読むことができない。(アウグスティヌス)

旅することは生きること。(アンデルセン)

「日々旅にして旅を栖(すみか)とす」(奥の細道)

本当のことを言うと、一人旅って退屈です。(うさぎ ネパールで出会った旅人)

残すのは足あとだけ、持ち帰るのは思い出だけ。(キヨさん ネパールで出会った旅人)

フーテンの寅先輩(男はつらいよ)

寂しさなんてのはなぁ、歩いているうちに風が吹き飛ばしてくれらぁ。

見知らぬ土地を旅してる間にゃ、そりゃ人に言えねぇ苦労があるのよ。

旅というものはな、行き先を決めてから出かける、というもんじゃねぇんだよ。

スナフキン先輩(ムーミン)

孤独になるには、旅に出るのがいちばんさ。

だめだよ。僕は孤独になりたいんだ。来年の春、また会おう。

長い旅行に必要なのは、大きなカバンじゃなく、口ずさめる一つの歌さ。

僕は物心がついたときからたった一人で旅を続けてきた。
多分、これからもそうするだろう。それが、僕にとっては自然なことなんだ。

種田山頭火先輩(俳人)

また一枚脱ぎ捨てる旅から旅

この旅果もない旅のつくつくぼうし

さて、どちらへ行かう風がふく

燕とびかふ旅から旅へ草鞋を穿く

月も水底に旅空がある

随時更新していきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク